園の特色

教育理念

創立80年の歴史をもつ本園は、
子どものすばらしい可能性を引き延ばすことを大切に
愛の心を育てる教育をして参ります。

4つの playful learning
<教育目標>

幼児期は、生涯に渡る人間形成の基礎を培う期間です。
当園では、幼児の発育特徴を踏まえ、幼児期にふさわしい生活を展開させることを通じて、次のような目標達成に努めています。

特色のある保育

  • リトミック

    リズム運動により、心と体の調和を育み、リズム感、表現力、協調性など基礎的な発達を促していきます(正課、専門教諭)

  • 英会話

    幼児期は、心身の発達と共に聴力も著しく発達する時期です。 ネイティブな外国人講師により遊びながら楽しく自然に身につく様、指導しています(正課、専門教諭)

  • 体育

    幼児教育の専門の教師によるバランス感覚、敏速な行動など、幼児期に必要な身体諸機能の発達を目的として、正課に取り組み指導しています。

  • 課外授業

    ●イングリッシュクラブ
    ●スポーツクラブ

    週1回年中・年長組で希望の方が入会できます(専門教諭指導)

沿革

昭和12年4月 広島県呉市にてウミノコ幼稚園を開園。
昭和14年4月 東京都大森区(現大田区)田園調布2丁目976番地にて春光幼稚園開園。
昭和19年9月 戦災にて焼失。
昭和19年9月 世田谷区船橋102番地、現在地に移転、終戦まで地元小学生の学習を学校閉鎖ため指導する。
昭和21年4月 戦時中のため閉園していたが、この年より幼稚園を再開する。
昭和41年 園庭の拡張と共に、鉄筋2階建て園舎を増築。
昭和63年4月 新園舎に改築する。
平成元年3月 学校法人の認可を受け、「学校法人春光学園 春光幼稚園」となる。
学園理事長に浅見昌良、園長に浅見麻里が就任。
平成4年10月 世田谷区60周年教育功労賞を受ける。(学園理事長 浅見昌良、園長 浅見麻里)
平成11年11月 創立60周年記念
平成13年4月 園庭を拡張。(60坪)
平成14年2月 園舎を増築。(3歳児保育室、ホール、屋上:プール設置、 地下室:多目的室)
平成17年10月 園長 浅見麻里、東京都知事より教育功労者として表彰を受ける。
平成17年11月 園庭を拡張。東側。
平成21年4月 新園長に大久保千寿、就任する。創立70周年祝
平成22年9月 理事長浅見昌良 逝去。新理事長 大久保千寿
平成24年 園庭拡張 新遊具設置

世田谷区私立幼稚園協会研究発表

平成28年11月 名誉園長 浅見麻里 逝去
平成30年 創立80周年祝